2019年5月5日日曜日

近況をツラツラと…

皆さまこんにちは!


3月~4月もあっという間に終わり、多くの皆様にご来店頂き感謝でございます。


冷え込みもようやく落ち着いて、やっと!のどかな天気になってきたところで皆さまシーズンイン!



ドライブトレインのアップグレードや



あわせてチューブレス化をご依頼頂いたり…



お持込み頂いたバイクのダンパーアップグレードにあわせてリアユニットもアップグレード!



もちろんフェイシングもオマケでさせて頂きました!ピンボケですが。



こちらはブレーキレバー(シリンダー)のオイル漏れ。フィーリングもすこぶる快調に!



クロスカントリーのライダーの方だって、基礎練習のためにDJバイク☆
K様お待たせしました。



色んなバイクを見て、



僕たちが目の保養になってますがw



こちらはReign
マエストロリンクはとにかく癖が無く、良く動き、乗りやすいです。
K様お待たせしました。



O様は昨今のトレンドに乗って29erにお乗り換え。



最近の29ロングストロークバイク、違和感なく乗れちゃいます。



プロテクションも抜かりなく!



大変お待たせしました!


さて、レースも開幕ということで、行って参りましたENS!
開幕戦ということもあってか、多くのヤングガン達を交えての230名で大混戦!!
大いに盛り上がったレースでしたが僕のリザルトは普通でした。

新しいバイクでの初レース。トレイルでのんびり遊んでいた時のセッティングでは
まともに走れる訳もなく。

たまには頭を使ってダンパーをセッティング、エアボリュームスペーサーの追加…
これはメカニックとしても、とても勉強になる有意義な時間です。



スピードに乗せやすく、ミシリともいわないリンク剛性。
もっと走り込みたいと思います。



ちゃっかり表彰台にもあがっているのでご勘弁くださいw

「なんで勝てないのかなぁ?」なぁんて言ったところで僕なんかの練習量で勝てる訳もなく…
まだまだ始まったばかりw
精進します。



皆さんホントにいつも仲良しで楽しそうです。



皆さま怪我無く完走。



これが一番ですね♪
日常の喧噪を離れてライドしたい!そんな皆さまをいつでもお待ちしています☆


次戦は乗鞍!


そして待ちに待ったパノラマ&岩岳ご開帳!

まずは富士見パノラマさんにお邪魔しました!


一部記憶がトンでますが、始終笑顔が絶えない一日になりましたw

2019年3月5日火曜日

シーズンイン間近!

皆さまこんにちは!


ショッピングモールのトイレでヘックスネジを見かけただけで何ミリか考えてしまいます。


ネジが規定値で締め付けられているか心配するのに、頭のネジは緩んだままです。


さて、今期は例年と比べてもスポーツバイクを切れ目なく組ませていただいてますが、


いよいよシーズンインも間近です!レースも始まりますね☆


Troy Lee Designs よのヘルメットが入荷しております!

今シーズンのプロテクションは万全ですか?



マテリアルチェンジは何よりライドのモチベーションになるかと思います!



今やMips装備はスタンダード!



ご自身のお身体をしっかり守りましょう!











GIROのSPDシューズも入荷!

サイクリング向けのカジュアルモデル「RUMBLE VR」



コチラは秀逸なデザインが目を惹く「PRIVATEER LACE」


是非とも手に取ってご覧頂きたいシューズたちです☆




さて、話は変わりますが…
今年はRocky Moutainに乗らせて頂くことになりました。


モデルはInstinct BC Edition
フロント160mmストローク、リア155mmストロークの29インチバイクです。

ホーストリンクを採用した素直なストローク感が持ち味のバイクで、
スペック以上のストロークを感じさせ、29インチとは思えないコントロール性の高さが魅力です。
実際に乗ってみて惚れ込んだバイクですw

Smoothlinkと呼ばれるリンクシステムはすべてベアリング。
一般的にはマウントキットを使うリアユニットのダンパーボディにもベアリングが使用されています。
サスペンションの反応も良く、ペダリング効率も素晴らしいです。

フォークはFOX 36FLOAT170160mmにカスタマイズして頂き、タイヤはWTB TRAILBOSS、コクピットやペダルはDEITY、ドライブトレインはXT、ブレーキはSAINTです。

実はメーカーでは「レースバイク」や「エンデューロバイク」とは謳っていないこのモデル、
もちろんパノラマまで対応できるスペックですが、やはりトレイルが楽しいバイクです。

逞しいカナダブランドの雄、軟弱な僕のスタコラ走りで恥をかかないように頑張りますw

今年もこのバイクで多くのMTBerと思い出を作りたいと思います☆

いつも僕の無理なお願いを聞いて頂いているA&Fさん、マムアンドポップスさん、グローブライドさん、ありがとうございます。


さて、春が楽しみなのは僕ですw

2019年1月31日木曜日

バイクご紹介

皆さまおはようございます。


スキー場に行ってきました。なぜかゲートが開かない…


ポケットから出てきたのは図書館カードでした。
ゲレンデのBGMは「USA」。雪原に時間だけが虚しく流れていました。
必死に平気な顔を装う萩原でした。


さて、寒い日が続きますがMTBerにオフシーズンはありません★


O様大変お待たせしました!

Commencal META HT AM
コメンサルのバイクはジオメトリにとても拘りを感じます。



タイヤは2.6インチ幅を採用。
セミファットタイヤ系、太いのでエアボリュームが上がることがメリットですが、
ノブの低いタイヤを選ぶ際は吟味が必要です。
太い分、面圧が下がるので極端にノブの低いタイヤを選ぶとグリップが低くなり、
同時に限界が低くなり、ビギナーの方は良かれと思って選んだのに
かえって恐怖心が生まれてしまう…というのが僕のインプレです。
その点、やはりコメンサルはしっかりオールマウンテン系のタイヤをチョイス☆


日本特別カラーはジオライドさんとコメンサルの信頼の証!


思い切り楽しんで下さい!




続きましてこちらも素敵なバイクです!

Santacruz HIGH TOWER LT
29インチのエンデューロバイク。



「LT」は文字通り「Long Travel」を意味します。
通常モデルのハイタワーはフロント140mm、リア135mmストロークですが
こちらは前後150mmストローク。





エグ過ぎない万能なジオメトリで設計されるのがサンタクルズらしいところです。



フィーリングはまさにヒラヒラ!29インチのメリットを最大限体感できるスーパーバイクです。



純正カーボンホイール(Reserve Wheel)の剛性も素晴らしく、
確実に進化したSRAM XO1 EAGLEは変速の振動を感じない程です。
イチオシブランド!是非ともご検討ください。


続きましてはコチラ

Rocky Mountain ALTITUDE
なんとも言えない最高のカラーリングと色っぽいカーボンフレームの艶!
素直なホーストリンクと可変ジオメトリの「RIDE9」システムで
そのトレイルに合ったセッティングを選べます。






アウター類は綺麗にフレーム内を通ります。



もちろんフェイシングも完璧です。
各バイク、個体差でサスペンションの動きに納得いかないものは分解して確認後、
再度組立を行っています。



こちらもカッコイイ!フロント160mm、リア150mmストロークのまさにエンデューロバイク!



ヘッドセットもバッチリコーディネート。



S様お待たせしました!
今シーズンも楽しんで下さい☆


寒い日が続きます。皆さまご安全に☆

2019年1月18日金曜日

極寒時のサスペンション

皆さまこんにちは!


ビールは一気飲みすれば、あっという間に胃袋に入るので0㎉です。


あわせておつまみもアルコールと炭酸で分解されて0㎉です。


さて、最近は「極寒時のトレイルでも楽しく走る為に何をしたらいいか??」


という事を良く考えています。


寒くなっても冬用ジャケットや暖かいソックスを使うだけで、実は忘れがちな事…


それはサスペンションのセッティングも変えるということです☆

写真はロックショックスのチャージャーダンパーですが、複雑な経路をオイルが流れて減衰がなされています。


とても寒い長野の冬。



サスペンションはなんだかカチコチに…しかも縮んだサスペンションは伸びてこない…


冷寒時、フォークやRショックのフルードはまるでメープルシロップのように粘度が上がります。


いつものオイルの通り道を粘度の上がったフルードが通ればフィーリングも硬くなります。
ブレーキも然り…



冷蔵庫から出したハチミツ…ボトルから出てきませんw


だからといって冬だけフルードを交換するなんて出来ません…


トレイルもカチコチ、サスも満足に動かない
なのに目はいつも通りなのでスピードはいつも通り…


これ、お怪我のもとです。


そんな時、


コンプレッションを1~2クリック解放、リバウンドダイアルも同様に解放してみて下さい。


トラクションはとても安定するはずです☆


すみません、今回お伝えしたかったことはたったこれだけですw


冬のライドを楽しむ方法、簡単にまとめますと↓↓


1 冬用ジャケット(ソフトシェルがオススメです)


2 ベースレイヤー(メリノウールがオススメです)



3 冬用グローブ、ソックス(防水ソックス是非ご相談下さい)



4 ウェットコンディション向けシューズ(これが暖かい!雪で濡れない!そして在庫ございますw)

ウェアやシューズ関係、スノボの時はそれ用を使うように、自転車には自転車用があります。
当たり前ですが、良く出来てます☆


5 GPS(すみません宣伝ですw)

今年からダイアテックさんにお世話になり、Lezyne GPSを使わせて頂きます。
MTBerとしてログデータは取り扱い注意なわけですが、コストパフォーマンス、位置情報はもちろんですが標高や気温等精度の高いデータがすべてグラフ化されます。
そして「Lezyne Track」を使用した仲間内でのデータ共有等、なかなかの楽しさです!
ライドするための一つのモチベーションになるという意味でノミネートでございますw


優れた機材やガジェットを上手く使われることで、冬を快適かつ安全にお楽しみください!